名称未設定 1.jpg

オンラインコミュニティー

『AIRE』

みなさんこんにちは。レオです。

このオンラインサロンの一つテーマ "風の時代"

『AIRE』はまさに風の時代とともにできた現象です。

それを踏まえてこのサロンで僕が伝えたいことがあります。

 

それは"二本軸で生きる"ということ。

 

みんな自分の中に複数の自分がいると感じたことがあると思います。それは社会では時にマイナスとして働いたり

僕も定まらない自分にコンプレックスを抱えたりしました。

だけどそれは "風の時代の前兆" であるとどこかに生きている "存在" が僕に伝えてきました。

今自分だと思っている目の前の他に

"自分と自分以外の全ての人"が生きている次元があるそうです。

 

 

これから科学を通して徐々に世間に浸透していくそうですが

その領域をここでは "無意識" と呼ぼうと思います。

人はみんな。

 

社会で生きている自分。

 

 

共同体で生きている自分。

 

 

他人に作られた自分。

 

 

健在意識と呼ばれる世界で生きている自分。

それ以外の全ての存在が共存している

”無意識界”で生きている自分。

これらの "双子" ふたご で生きていると ”その人” は伝えてきました。

今この"転換の時期"をすぎて、彼はこれからこの無意識界に生きている自分に気がついていく人が少しづつ増えていくと言っています。

その一つが、私たちが自分の中に複数の自分がいると漠然と感じている理由なのかもしれません。

他人の中に自分が見えたり。

 

 

自分ではない確かに”いる”存在と対話したり。

”今あなたが感じている感情すら必ずしもあなたのものではないのかもしれない”ということ。

僕は2020年からスピリチュアルと言われる分野に放り込まれました。

そこでは"常識"に限界を感じた前衛的な人々が宇宙のことや自己の癒し、解放、概念の転換について深く追求していました。

スピリチュアルに限らず、自己啓発の世界や社会的な流れの中では、よく『自分軸』という言葉が使われていました。

それは"自分を変えていく"というスタンスでした。

でも、その人は『本当は人の中身は1人ではない』と言いました。

双子のもう片方を見ないままで追求する答えは一本道となり、1つの自分に矯正してそれ以外は受け付けられない信仰的なアイデンティティになったり。

自分の感覚が一番正しい。そしてそれがやがて集団となり。一部の人の答えが自分の答えとなり。リーダーという存在とそれをフォローする人たちが集合意識で作られ、”愛という名の真実”は一つであるという美しく残酷な対立を生んでいました。

スピリチュアルに限らず僕が体験してきた社会で多様性とはかけ離れていました。

風の時代は"多様性の時代"と言えるとおもいます。

 

それは人々の意識上の転換があって徐々に作られていくと感じています。

多様性はこの"無意識に存在する自分を"無視した姿勢では到達できないのかもしれません。

意識のメカニズムはこれから量子力学などの科学で解明されると言いますが、それは頭だけでは理解できないものだと感じています。

それには私たちの目の前で  "今"  リアルに起きている

 

 

『体験』が必要だからだと思います。

今の効率主義とバーチャル移行の時代の中でも、目の前で起こる対・人とのリアルな交流を通して、ようやく深く体感できることだと思っています。

僕たち一人一人が創造主であり主人公というのは本当ですが、それは"他人"という存在があって初めて"俯瞰"という体験でできることだからです。

世間の情報やメディアを見ても自分軸のみが先行したコンテンツも多くあります。SNS上でもフォロワーの数が無意識に重視されるような"土の時代の信仰的な意識"を感じることもあります。

 

そんな希望の情報の中にどこか分離を感じてしまう社会で

常に "俯瞰した自分" でいられること

そうあるには自分自身が本当は双子で生きているということを知らなければならないと教えられました。

そんな流れから

『多様性に富んだ自分軸を創っていく』

 

というのがこのオンラインコミュニティーで僕が一つとりあげたい大きなテーマです。

今まで頑張ることが好きだった自分を

正しく矯正するのでもなく

​これからその子と一緒に歩んでいく

もう一人の自分がいることを知る。

それは貴方とあなた以外のすべて。

このオンラインサロンがこれから先の時代に踏まえて

 

 

”人間のリアルな姿”と”この世界の構造”

 

 

を考えるきっかけになればいいなと思っています

そして『AIRE』ではそこにあつまる人たちと共同で作っていきます。

 

 

とても深い意識の話から年齢を超えた親子というテーマ。

 

 

HSPや発達障害のこと。

 

 

そして"純粋に楽しむ"ということ。

 

 

これからの時代を作っていく『アート』というものを

このコミュニティーでたくさんの人と共有していきます。

共同創造で作り上げられる通過点。

 

​そしてリアルな私と私以外の体験。

それが『AIRE』です。